Article

スポンサードリンクプライバシーポリシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガソリン不足で電気自動車の行方は。。。

エコカー燃費ランキングを記事にしたばかりですが、巷ではガソリン不足によりガソリンスタンド前に長蛇の列を作っている車の様子をよく目にします。

地震により、ガソリンの供給が滞っているようでガソリン完売してしまったスタンドが多く、
おまけに計画停電により、都市の電車の運行が止まっているので必然的にマイカーを利用している方が多いため、
今回の事態に陥ってしまったわけです。

こんなとき、電気さえ流れていれば充電できる電気自動車は強いですね。
三菱自動車のアイミーブや、日産のリーフなどが今後大注目されるかもしれません。
東京電力の計画停電の話もありますが、ガソリン車よりは影響が少なそうです。
何度もブームを迎えては、消えていった電気自動車の歴史がありますが、今度こそメジャーになれるでしょうか?

しかし、ホントにどこのコンピニにいっても品物切れで、物資の供給がストップしていますね。
どうなってしまうのでしょうか。。。

こんな時、太陽電池を用いた自動車でもあれば、非常に重宝するでしょうね。
鉄腕ダッシュみたいな。。。

それはそうと、一刻も早く被災地が復興しますように心から祈っております。

スポンサーサイト

中古車査定の価格 車種別ランキング 2008年8月度

自分の自動車が査定によっていくらで売れるかというのは、自動車のオーナーであれば誰でも気になるところだと思います。
買った3年後に自動車が中古車査定でいくらの価値があるのかを数値化した指標があります。リセールスバリューと呼ばれるこの指標は雑誌等でも公表されてますので、これを参考に自動車を選べばコストパフォーマンスもよく、効率よく乗り換えができると思います。

2008年度8月のリセールバリュー最高値(中古査定)

【軽自動車】
1位:コペン アクティブトップ(ダイハツ) 70%
2位:タント カスタムRS(ダイハツ) 64%
2位:パレット TS(ダイハツ) 64%
2位:エブリィワゴン PZターボ スペシャル(スズキ)64%
5位::ジムニー XC(ダイハツ) 60%

【コンパクトカー】
1位:フィット RS(ホンダ) 67%
2位:bB Z Qバージョン(トヨタ) 64%
3位:クー COO CX?Limited(ダイハツ) 64%
4位:インプレッサWRX STI(スバル) 63%
5位:インプレッサ S?GT スポーツパッケージ(スバル) 61%

【クーペ】
1位:NISSAN GT?R(日産) 70%
2位:スカイラインクーペ 370GT TypeSP(日産) 66%
3位:SC 430(レクサス) 61%
4位:大蛇(ミツオカ) 59%
5位:RX?8 タイプS(マツダ) 58%

【ミニバン】
1位:アルファード 350G Lパッケージ(トヨタ) 70%
2位:ヴェルファイア 35V Lエディション(トヨタ) 70%
3位:エスティマ ハイブリッド G(トヨタ) 70%
4位:マークX ZIO 350G エアロツアラーS(トヨタ) 68%
5位:ヴォクシー ZS(トヨタ) 67%

【ステーションワゴン】
1位:カローラフィールダー 1.8S エアロツアラー(トヨタ) 60%
2位:エアウェイブ ST(ホンダ) 58%
3位:アテンザ スポーツワゴン 25Z (マツダ) 54%
4位:レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT スペックB(スバル) 51%
5位:アベンシス ワゴン Li(トヨタ) 50%

【SUV】
1位:ランドクルーザー200 AX Gセレクション(トヨタ) 74%
2位:デュアリス 20G FOUR(ニッサン) 69%
3位:CR?V ZXi(ホンダ) 67%
4位:ヴァンガード 350S Gパッケージ(トヨタ) 66%
5位:エクストレイル 25X(日産) 65%

【セダン】
1位:シビック タイプR(ホンダ) 68%
2位:IS?F(レクサス) 64%
3位:クラウン ロイヤルサルーンG(トヨタ) 63% 
4位:クラウンハイブリッド(トヨタ) 63%
5位:LS 600h (レクサス) 63%

*数字は中古車として売るとき、査定額が定価の何パーセントになるかを表したものです。定価が200万でリセールスバリューが50%の場合、3年後の中古車価格は100万円となります。(リセールバリューは中古車査定ガリバーの商標だそうです。)



海外を含め、現在プリウスの需要が大きくなっているそうです。そのためプリウスの中古車価格が上昇している模様。
しかし、ハイブリッド車をはじめ電気駆動方式の自動車はガソリン車と比較して走行音が小さく、歩行者が気づかないことがあるそうです。

そこで、面白いことに逆に騒音を発生させる装置を取り付ける改造を検討中とか。
技術の革新が必ずしも良いとはいえない例でした。


Navigations, etc.

Navigations

自動車最新情報

自動車キーワード検索

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。