Article

スポンサードリンクプライバシーポリシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニッサンのエンジンVSトヨタVSホンダ

日産は、同社のVQ37VHRエンジン(3.7L V6エンジン)が、米国ワーズ社の「10ベストエンジン」賞を受賞したと発表した。
 なお、日産のVQエンジンは、同賞が1995年に開始されて以来、世界で唯一14年連続の受賞となる。

 今回の受賞は、米国で販売されている「インフィニティG37クーペ」に搭載されるVQ37VHRエンジンが評価されたもの。同エンジンは、VVELを採用したエンジンで、日本ではスカイラインクーペに搭載されている。

 このエンジンに採用されているVVELは、アクセルペダルの踏み込み量に応じて、エンジンの吸気バルブの作動角とリフト量を連続的に可変制御し、吸気バルブで直接吸入空気量をコントロールする。さらにC?VTCと組み合わせることで、バルブのリフト量・作動角・位相の全てをコントロールすることができ、バルブタイミングとリフト量の自在な制御が可能となる。
 これにより、吸気抵抗(ポンピングロス)の低減および吸入空気の応答性を飛躍的に向上させ、動力性能(レスポンス、出力)の向上と環境性能(低燃費、クリーンな排出ガス)を高次元で両立させている。
【carview 日産、VQエンジンが14年連続となる米国「10ベストエンジン」賞



ニッサンのVQエンジンは誕生した1994年からずっと10ベストに入賞しています。
これは非常にすばらしいことです。日産に技術の高さを表しています。

VQエンジンは、2代目セフィーロに初めて搭載され、新型フェアレディZ34にもVQ37VHRが搭載される予定です。

ニッサンのVQエンジンに対抗するのはトヨタのGRエンジン、ホンダのJ型エンジンがあります。

【トヨタ GRエンジン】
2003年に登場した、水冷V型6気筒DOHC。
新型クラウンマークXといったトヨタを代表する自動車にも搭載されているエンジン。

【ホンダ J型エンジン】
本来あったC型エンジンの進化バージョン。
1996年に、ホンダ海外高級ブランドアキュラのアキュラCLに初搭載。
レジェンドオデッセイといった人気車種にも搭載されています。


トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

自動車最新情報

自動車キーワード検索

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。