Article

スポンサードリンクプライバシーポリシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気になるホンダのハイブリッド専用車

ホンダは、2007年11月単月の生産・販売状況を発表。11月単月は国内生産・販売が減少したが、そのほかの実績では順調な動きを見せた。

 それによると国内生産は、国内向けの減少によって11万9269台、前年同月比5.7%減で、3カ月連続で前年同月を下まわったが、海外生産では24万3777台、20.5%増で28カ月連続で前年同月を上まわったうえ、すべての月をとおして過去最高を記録した。また1?11月累計でも12.0%増となっている。それにともない世界生産も36万3046台となり前年比10.4%増、11月単月の過去最高を更新した。地域別の生産でもアジア、中国がすべての月で過去最高を記録、北米・欧州でも11月単月として過去最高を更新していることにも注目したい。さらに、輸出では11月単月で5万9310台、9.3%の増加を記録し、1?11月累計でも13.6%増となっている。
ホンダ、11月は海外&世界生産で過去最高



国内以外では堅調なホンダ。
新型フィットが売れに売れているにも関わらず、11月の国内販売は昨年と比較して減少してしまいました。

フィットといえばホンダの代表的なコンパクトカーですが、このフィットをベースとしたハイブリッド専用車が発売されるとのこと。

このフィット型ハイブリッド専用車は、トヨタのプリウスに対抗されると考えられており、来年の後半?2009年に発売される予定だそうです。
(2008年度のホンダの新車発売予定表はコチラ、2009年のホンダの新車発売予定表はコチラ

詳細はまだまだ不明ですが、ホンダによると2010年には車の販売台数の10%にあたる50万台をハイブリッド車で占めるのが目的だそうです。
この内訳としては、シビックハイブリッドが5万台、ハイブリッドスポーツカーCR-Z、ハイブリット専用車で残りの45万台というふうになっているようです。

ハイブリッド専用車の価格は結構安く抑えられるようです。
プリウスより流行るか!?


トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

自動車最新情報

自動車キーワード検索

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。