Article

スポンサードリンクプライバシーポリシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型マジェスタからクラウンの名が外れる意味

月売り上げ目標5000台を掲げて来月に登場する新型クラウン13代目。
ハイブリッドが600万円前後だとか新車の値引きはよくて10万程度だとかいろいろと情報が出てきましたが、クラウンの頂点に立つ5代目新型マジェスタの情報はあまり見かけません。

新型マジェスタ情報のまとめ

・エンジンはV8、4.6L。
・価格は700万円程。
・名前からクラウンが外れる。
・トヨタ店とトヨペット店で併売される。
・マジェスタのフルモデルチェンジ、発売は2008年7月

注目すべき点は名前からクラウンの称号が外れた点。
雑誌等の次期マジェスタの画像を見ると確かに王冠のエンブレムがない

これはまさにマジェスタという車をトヨタの最高級車として確立させるためのトヨタの決意の表れではないでしょうか?
ただ単にクラウンの上位モデルではないよということなんでしょうね。


それは積んでいるエンジンを見ても明らかです。新型マジェスタの積んでいるエンジンはレクサスLS460と同じもの。
トヨタの技術の粋を結集した車となりそうです。

ちなみに、レクサスLS460の価格(770万円)と比較するとマジェスタの方がやや安くなりそうです。


トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

自動車最新情報

自動車キーワード検索

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。